お気軽にお問合せください
 · 

平成27年度都立高入試問題 数学 大問②

 

図にa、b、c、S、と書き入れました。

 

四角形Sは台形だということはわかりますね。

 

台形の面積は、 (上底+下底)×高さ÷2  です。

 

 そこで、下底になる、BQをabcで表す場合に、「点Qは辺BC上にある点でAP=CQである。」という文から、

 

BQ=c

 

となります。

 

よって、

 

S=1/2a(b+c)

 

が答えとなります。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    未定 (月曜日, 03 8月 2020 23:40)

    参考になります